日本を“伝える”仕事

調査研究、企画、デザイン、設計監理の総合力で
「守る」「活かす」「伝える」を
実現します。

日本の文化を
守り、活かし、伝える。
それが丹青研究所の使命です。

日本には長い歴史と豊かな自然に育まれた、素晴らしい文化があります。
伝統の中で磨かれ抜いた唯一無二の輝き、新しい感性による鮮烈なきらめき。
それは今を生きる私たちにとっての宝であるとともに、多くの人々と分かち合い、
未来に伝えるべき大切なものです。

文化を守りたい・活かしたい・伝えたいというお客様の想いを
しっかりと受けとめ、経験と技術、高い専門性で実現する。
それが丹青研究所の使命です。

丹青研究所だからこそ
できる理由

40年の実績とデータを持つ、
スペシャリスト集団

丹青研究所は、1984年、我が国唯一のミュージアムの専門シンクタンクとして創設されました。

以来、国内のミュージアム約9,000館に関する幅広い情報取集と研究を礎としながら、ミュージアムづくり、地域活性化、国際的な文化観光に関する調査研究、そして文化財の保存と活用に関する多くの実績を重ねてきました。

データと経験に裏打ちされたアイデアとノウハウを持つスペシャリスト集団として、最適なソリューションをご提供します。

ニーズに応える
アプローチを可能とする

幅広い専門活動領域

文化を守り・活かし・伝えるためには、いろいろなアプローチがあります。

例えば、国宝や重要文化財を最適な環境で保存し、公開すること。優れた文化やアート作品に出会える場である美術館や博物館を考え、つくること。地域ならではの魅力である文化を活かして、地域活性化につなげること。広く情報を収集し、分析・研究することで大きな潮流を見出すこと。映像やデジタルの力で、広く、そして効果的にその魅力を発信すること。

私たちは、これらのアプローチを可能とし、お客様のニーズに応える幅広い専門活動領域を持っています。

高度な調査力、企画力、設計力。
3つの力の融合

私たちが重視しているのは、調査によるデータとそれに基づいて最適な仕事を行うこと。

国内のミュージアム、海外の文化観光等の幅広い情報収集と分析はもちろん、ミュージアムのプランニングでは、事前に必要な情報の収集と分析を行い構想・計画づくりを推進します。文化財の保存環境整備においても、個別現場調査を実施し、お客様のニーズに合った最適な環境づくりを行います。

ソリューションにつながる高度な調査力、企画力、設計力、その3つの力の融合が私たちの最大の強みです。

文化観光による地域創生をご検討の皆様へ

調査研究、企画、デザイン、設計監理の
総合力で
業務を推進します。

文化財の保存や公開をご検討の皆様へ

所蔵文化財等の収蔵環境や展示手法に
ついて、ご相談を承ります。

  • Tanseisha
  • アイエム internet museum
  • Newsletter of tansei institute Museum Data
  • 世界の文化観光を見る研究員コラム
  1. トップページ